2009年04月10日

警視流木太刀形(Keishi ryu kidachi kata)

警視流木太刀形(Keishi ryu kidachi kata)-Wikipedia


明治時代に警視庁で制定された形。八相(直心影流)、変化(鞍馬流)、八天切(堤宝山流)、巻落(立身流)、下段の突(北辰一刀流)、阿吽(浅山一伝流)、一二の太刀(示現流)、打落(神道無念流)、破折(柳生流)、位詰(鏡心明智流)の10流派からなる。


映像を視る(see the image)
at 20:06 | TrackBack(0) | 剣道
2008年06月13日

日本剣道形(Nihon kendo kata)

日本剣道形(Nihon kendo kata)-Wikipedia

【DVD】詳撮 日本剣道形
剣道における形稽古のための形。
大日本武徳会は、それまで禁止されていた武術教育が許されたため旧制中学校で剣術を教える教師養成のため、明治末に剣術各流派ごとの形から師範学校用の教育用統一形を創った。
その後全国教育で「剣道」教育をおこなうにあたって、基本概念とそのための形が必要となったため、明治44年12月に調査委員会を発足させて師範学校用形を元として草案形の制作をはじめ、大正元年10月に太刀の形7本、小太刀の形3本の計10本で構成される大日本帝国剣道形を制定した。
第二次世界大戦後、全日本剣道連盟が発足すると、その名称を日本剣道形に改めて現在に至る。現在、ともすれば昇審査のためだけに稽古され、剣道の稽古全体の中では軽視されがちである。しかし、剣の理合を知り、品位を高めるためには形の体得は必須であり、剣道修行者は、努めて稽古すべきと考える者もいる。

以上Wikipedia日本剣道形の項からの引用。

日本剣道形の映像を視る(see the image)
at 17:05 | TrackBack(0) | 剣道
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。