2010年07月05日

正伝長尾流躰術(Seiden Nagao Ryu Taijutsu)

正伝長尾流躰術(Seiden Nagao Ryu Taijutsu)

長尾監物為明を流祖とする。流儀が造られたのは戦国時代で、合戦組討術で構成されていたそうです。江戸期に入り、雨夜覚右衛門が工夫を加え、本流儀は加賀藩に採用された。現在も石川県で伝承されている。

映像を視る(see the image)
at 22:23 | TrackBack(0) | 古武術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。